作業療法士

スポンサードリンク

作業療法士とは、精神や身体的機能において障害を持っている人たちの援助を行う人です。作業療法士は、オキュパーソナルセラピストの頭文字をとり、OTと呼ばれています。作業療法士は、医師から患者の処方箋を受け取り、患者にどのような訓練・リハビリをすれば良いかを検討します。作業療法が対象とする病気は、主として脳性麻痺や脊髄損傷、そして精神分裂病などです。作業療法士は、こうした疾病患者を援助、指導していかなければなりません。こうした場合には、たんに治療を行うだけでなく、患者の精神的なこころのケアも必要となってきます。作業療法士の倫理要綱には、作業療法士は人々の健康を守るために知識、良心を掲げ、どのような人にも平等に接し、差別しないというのがあります。この他にも、作業療法士は、他の職種の人達、つまり医師や看護師などと協力して作業を行わないといけないとか、個人の秘密を守るとあります。作業療法士になるための国家試験は、一年に一度2月か3月ごろに行われます。国家試験の内容は、理学療法との共通した問題が100問、作業療法専門分野の問題が100問で構成されています。合計は200点満点です。これらはすべて5問択一問題となっています。

"

作業療法士になる為に

作業療法士は、患者が子供の場合には、子供の発達年齢を考え、遊びを中心とした訓練をします。こうした治療訓練は、さまざまな子供の持つ障害の度合いと、将来の生活に合わせて考えられます。精神障害や老年期の障害の人にも、それぞれの生活に合わせた訓練が行われます。作業療法士の役割は、まず患者との面談に始まります。そこで、患者の相談も受け次に検査測定に入ります。測定が終わると、患者一人ひとりを評価して作業計画を立て、作業に入ります。ここでは、個人の活動と、グループでの活動があります。患者に合わせてどちらの活動が適切かを決定します。作業療法士になるには、高校を卒業してから、作業療法過程がある専門学校や短大、または四年制大学に進学して国家試験に合格しなければなりません。この場合、専門学校は、3年過程と4年過程があります。早く卒業して作業療法士になりたい場合には、3年がお勧めです。作業療法士になる国家試験の合格率は、だいたい90%です。国家試験の受験も大切ですが、それまでの過程に重点がおかれています。養成校では、実習もあります。そして、かなりハードな課題をいくつも提出しなければなりません。こうした日々の積み重ねこそが作業療法士になるためには大切なことです。

作業療法士になる為に  国家試験対策・学校・転職の最新情報

スポンサードリンク

作業療法士になる為に  国家試験対策・学校・転職の最新情報

作業療法士は求人も多く、転職に最適な資格の一つといえます。国家試験に通る為の方法や学校・専門学校に関する事・合格率をはじめ、作業療法士の仕事内容や給料について等々、作業療法士に関する様々な最新の情報を提供いたします